腸活をするならヨーグルトがいい?

ヨーグルト

近年、腸活をする人が増えています。
キレイで健康な腸を保つための活動を行うことです。

腸に良い食べ物を食べるのが一般的な方法ですが
それに加えて適度な運動と十分な水分の摂取を心がけることで腸内環境が整います。

腸活の効果はダイエットや便秘だけでなく精神安定も

腸活によって得られる効果は、ダイエットや便秘・下痢の改善など肉体的なのが有名ですが
実は腸は精神を安定させるセロトニンという成分の生成に大きく関わっているので、精神安定の効果も期待できるんです。

ほかにも
腸をキレイにすることでビタミン生成を促して美肌や健康も維持でき
免疫機能が活性化して体内のウィルスをいち早く察知するようになります。

つまり腸活をすることで、体の内側からキレイと健康をつくることができるということです。

腸活には善玉菌を摂ることが大事

腸内環境を良くするには、善玉菌を摂ることが大切です。

日本の一般家庭における毎日の食事では肉類や魚介類、卵などを食べることが多いですが
動物性たんぱく質や脂質を多くとりすぎてしまうと、悪玉菌が増える原因となります。

悪玉菌が増えてしまうと病気を引き起こすことがあるので
なるべく減らしたほうがいいのですが、悪玉菌を摂らない食事というのはとても難しいものです。

かえって減らしすぎてしまうのも腸にとって良くありません。
腸内にいろいろな細菌がある状態は、腸内環境を整えるうえで重要なことなのです。

悪玉菌を極端に減らさずに善玉菌を増やすのが、上手な腸活です。腸内に善玉菌を増やす簡単な方法は、いつもの食事にプラスして善玉菌を多く含む食べ物を食べることです。

そこで、おすすめな食べ物がヨーグルトです。

ヨーグルトの腸活効果

最大の理由は菌の豊富さ。
ヨーグルトには乳酸菌がたっぷり入っています。

乳酸菌は腸内環境を整えるのにとても良い菌です。
食事の後におやつ感覚で食べるだけでいいので、ダイエット効果を期待して腸を整える人にもストレスを感じさせることがありません。

そして、ヨーグルト自体の種類の豊富さもおすすめなポイントです。
ヨーグルトは製品によって異なる菌を使用しています。ビフィズス菌が多く入っているものや、菌が生きて腸に届くものなど。

そのときどきの用途や自分の体に合ったものを選ぶことができるのです。
また、毎日いろいろな種類を食べれば飽きる心配もありません。

食べるタイミングは、食前よりも食後がいいでしょう。
空腹時の人間の胃の中には胃酸が発生しているため、せっかく摂取した菌が胃酸に殺されてしまいます。

食事の後にヨーグルトを食べるだけ。
腸活で、ダイエットや便秘・下痢改善や美肌や、免疫力アップの効果を実感してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です